2008年2月10日(日)
第75回全日本選手権大会 決勝 vs.SEIBUプリンスラビッツ
 撮影/コメント みゃあ & PICA

<クレインズ 5−3 SEIBUプリンスラビッツ> @釧路アイスアリーナ
5年連続で決勝に進んだクレインズ。相手は去年無冠に終わり、雪辱に燃えているSEIBU。決勝にふさわしい大熱戦になった

▼ゴール裏を覆う3枚のビクトリーフラッグの下に、戦士達が出陣! (M)
▼SEIBU鈴木主将と笑顔で挨拶を交わす賢吾。さあ、いよいよ試合開始! (M)
▼先制を許した後、相手の反則が相次ぎチャンスが訪れる (M)
【1P 7:41 ク1−1S】 PPを逃したかと思った矢先、ライアンが何度もリバウンドを叩いてゴール! (P) 
▼再びリードされた後、ま〜しゃが1対1になるも、SEIBU・GK菊地の壁は破れず (M)
▼こぼれたパックを必死ではじき出すジェイミー (M) 
▼1点を追って2Pへ。賢吾もオフェンスに積極参加 (P)
【2P 4:14 ク2−2S】 ダーシ(右端)が叩いて、再度同点に追いついた! (P)
▼5on3のキルプレーをすばらしい守りで乗り切ったが・・・ (P)
【2P 15:29 ク2−3S】 しかし三たび勝ち越しを許す・・・ (M)
【2P 17:32 ク3−3S】 しかし、すぐに同点パワープレーゴールが突き刺さる!(P)
▼決めたのはジョー! またしても派手なガッツポーズを決める (M)
▼2P18分過ぎ、逆転を狙った飯村のラップアラウンドは惜しくも決まらず・・・ (P)
▼ダーシがミスコンダクトペナルティで欠ける緊急事態。パーピックからフェイスオフを奪ったゴリ (M)
▼今大会、よく走ったナッシュ。持ち味のハードチェックを披露するも、反則を取られてしまう・・・ (M)
▼ダーシが1対1になるも、ここから菊地の左脚が伸びてゴールならず・・・ (M)
【3P 19:14 ク3−4S】 残り1分を切ったところで、痛恨の勝ち越しを許す (M)
▼試合終了。最後まで審判を睨み続け、なかなか立ち去ろうとしなかったライアン (M)
▼準優勝の賞状と記念品が、賢吾キャプテンと山野副キャプテンに渡された (P)
▼銀メダルを授与されるも、一様に無念の表情。その重さに耐えかねたゴリは・・・ (M)